新規登録
ビジネスガイド募集中
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • SCS Global コラムVol.1

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • “One Team, No Border” 日本と中国を繋ぐConsulting業務を誠実さをもって全力で提供しております

  • SCS Global コラムVol.1

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 中国事業で法務の重要性は高まる一方です。困難な事業環境を乗切る真の価値ある助言を目指します

  • 会計税務顧問、連結決算、財務DD、移転価格税制など日中の会計税務に関するサービスを提供

日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース

コンサルティングのガイド

2015.10.23
  • IGPI Shanghai コラムVol.2
  • 「IoT」「インダストリー4.0」「中国製造2025」時代に足元で取り組むべきことは何か?
  • IGPI Shanghaiコラム第2回は、世界で話題沸騰中の「インダストリー4.0」について説明します。また、中堅・中小企業にとっては、インダストリー4.0の実現は、ハードルが高いという声を聞くことがありますが、インダストリー4.0時代においても変わらず取り組むべき課題もあります。

ビジネスガイド 平戸 良周

第4次産業革命が世界の製造業を飲み込む


IoT(Internet of Things:モノのインターネット)は、モノをインターネットに接続し、そのモノが収集した情報を「見える化」することといえます。このIoTを活用したビジネスが世界中で生まれています。


日本を代表するエクセレントカンパニーであるコマツのKOMTRAX(コムトラックス)はその代表例の一つです。コマツの建設機械に標準搭載されているコムトラックスは、GPSによる位置情報や、エンジンコントローラーなどから集めた情報を通信機器を使って、コマツのデータセンターに送ります。その情報を分析し、建設機械の稼働状況を把握することによって、市場の需要予測、燃費の管理、計画的なメンテナンス、盗難防止、債権保全など様々な用途に活用しています。
このコムトラックスが市場投入されたのが、15年以上前の1990年代後半ですので驚きです。


ドイツが国を挙げて取り組んでいる「インダストリー4.0」(第4次産業革命)は、生産過程においてIoTをフル活用する試みといえます。これは機械同士をインターネットで直接つなげて情報交換をさせるM2M(Machine to Machine:マシーン・ツー・マシーン)だけではなく、工場と工場をつなげて、例えば、ある部品が足りなくなると、その情報が自動的に別の工場に送られることなどを目指します。
コマツはKOM-MICS(コムミックス)という工場の「つながる化」を打ち出し、自社とサプライヤーをつなげることを目指しています。一企業でこれに取り組むコマツの強さにも驚きますが、ドイツはこの取り組みを国家単位で行おうとしており、それがインダストリー4.0です。


インダストリー4.0時代にまず取り組むべき課題


「インダストリー4.0が話題になっているが、大企業の事業領域であり、中堅・中小企業には関係ない。」「中堅・中小企業にとってはインダストリー4.0を実現するためにセンサーや通信機器などの初期投資のハードルが高い。」
そのような感想をお持ちの方も少なからずいらっしゃると思います。しかし、この時代においても変わらず取り組むべき大事なことがあります。


インダストリー4.0は、単純化して言えば、センサーの進化・データ処理能力の高度化・高速化により、今まで見えなかった生産活動を「見える化」することです。しかし、そもそもの経営の足腰として「見るべき事業活動が、いまだに解像度高く見えていない」という会社は少なからず存在します。
特に、市場環境、業界慣習、人の価値観、言語等が異なる中国拠点においては、「見える化」の重要性はより高くなりますが、「見える化」するための仕組み構築にご苦労されているケースも多く見られます。


皆様の会社では、例えば、次の見える化が実現できているでしょうか。
・製品別や顧客別、ライフサイクルベースでの何が儲かって何が儲かっていないのかの見える化。
・業務プロセスが標準化・整流化されているかの見える化。
・多様化する顧客の声の見える化。


こうしたある意味基本的だけれども、実際に実現することが難しいことを着実に実施していくことが、製造業の基礎体力を培うことであり、これなくしてはインダストリー4.0時代を生き抜くことはできません。裏返して言えば、もう目の前に迫っているインダストリー4.0時代を迎えるために、今こそ基礎体力作りに真正面から取り組むことが重要です。IGPIものづくり戦略カンパニーでは、製造業出身で経営に精通したコンサルタントがこのような課題に直面する企業をご支援します。


また、IGPIでは、11月24日(火)15:40から上海にて、「IGPI流インダストリー4.0~世界で勝ち抜くものづくり力を強化するには~」と題するセミナーを開催いたします。当日は、「AI が製造業に与えるインパクト」といった先進的なテーマから、インダストリー4.0時代に「世界で勝ち抜くものづくり力強化に必要なこと」といった現実的なテーマまで、事例を交えてご説明いたします。次のURLから是非セミナーにお申し込みください。


http://shanghai-leaders.com/seminar/management-strategy/igpi1124/


(文責:IGPI Shanghai 副総経理 澤陽男)

 

益基譜管理諮詢(上海)有限公司 (IGPI Shanghai)

中国上海市延安中路1440号阿波罗大厦2D01室(〒200040)

Tel 021-6133-1818 Fax 021-6013-1724

http://www.igpi.co.jp/

http://www.igpi.co.jp/cn/index.html

 

ガイドの過去の記事も読む
合わせて読みたい