新規登録
コラムニスト募集中
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • SCS Global コラムVol.1

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • “One Team, No Border” 日本と中国を繋ぐConsulting業務を誠実さをもって全力で提供しております

  • SCS Global コラムVol.1

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 中国事業で法務の重要性は高まる一方です。困難な事業環境を乗切る真の価値ある助言を目指します

  • 会計税務顧問、連結決算、財務DD、移転価格税制など日中の会計税務に関するサービスを提供

コラム

アリババ馬雲氏の9つのサイドストーリー 【中国ニュース 2015年3月13日 】 2015.03.13


2014年にアリババは上場し、その市場価値は1400ポンド(約25兆円)に達している。これにより馬雲氏は中国で最も富裕な人物となった。アリババはアメリカのeBay、アマゾンに相当する。今年、ダボス会議で馬雲氏は1日に1億人がアリババにアクセスしていると発表した。その馬雲氏が著名なインタビュアーであるチャーリー・ローズのインタビューを受け、成功の背後に隠れた興味深いストーリーと個人的見解を述べた。


1、始めて検索した言葉は「ビール」


馬雲氏が始めてインターネットを利用したのは、1995年に始めてアメリカを訪れた時だ。そのときに検索したのは「ビール」だった。検索の結果に中国に関わる物は何も出てこなかった。次に「中国」と検索したが、やはり何も引っかからなかった。そのとき彼は中国語のサイトを作ろうと決心した。これがアリババ創設の理由だ。


2、ハーバード大学に10回申し込み、10回断られる


馬雲氏は様々なところから拒否されてきた。大学に進学する時も3度も試験を受けなければならなかったし、就職する時にもケンタッキーなどの多くの企業に受け入れてもらえなかった。今では億万長者となった馬雲氏だが、かつてハーバードに10回も申請したことがあるが、すべて断られた。チャーリーは「ハーバードはきっと残念がっているよ」と言葉をかけた。


3、ヒーローは「フォレスト・ガンプ」


馬雲氏がもっとも尊敬しているのが、諦めず、自分の行動を信じる心を持っている「フォレスト・ガンプ」だ。馬雲氏は映画のセリフ「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない」を引用し、まさかダボス会議で自分の成功物語を話すようになるとは思わなかったと語った。


4、9年間毎日無料で外国人観光客ガイドを務める


馬雲氏は若い頃、英語を学ぶことが困難な環境にあった。しかし、当時十数歳の彼は、故郷である杭州にやってくる外国人観光客から英語を学ぶことができることを発見した。彼は9年間、毎日朝、外国人観光客のガイドをすることにした。馬雲氏はこれらの観光客が彼の視界を広げてくれたと語る。彼らが話す全てが、彼が学校と父母から学んだこととは違っていたからだ。


5、英語名はある観光客が付けてくれた


馬雲氏の英語名である「ジャック」はある外国人観光客がくれたものだ。2人は後にペンフレンドになった。その外国人観光客は「馬雲」という名前は呼びづらいので「ジャック」と呼んでもいいかと聞いた。彼女の父親と夫の名前もジャックだったからだ。


6、映画を作りたい


ハリウッドを訪れた後、馬雲氏は中国の若者のために映画を作りたいと語った。馬雲氏が映画を作る気になったのは、ハリウッドの影響だ。アメリカ映画では多くのヒーローが小さなチャンスをつかんで成功している。しかし中国映画では多くのヒーローが最後には死んでしまう。馬雲氏は「これが中国人がヒーローになりたがらない原因なんだ」と冗談を言った。馬雲氏はカンフー小説が好きで、自分で描くのも好きなのだという。


7、「政府とは恋人にはなってもいいけど、結婚をしてはだめだ」


馬雲氏は自分と中国政府との関係を「非常に面白い」と形容している。アリババを創設した当初はスタッフに「政府とは恋人にはなってもいいけど、結婚をしてはだめだ」と話している。彼はこれまでに政府や銀行からは一銭ももらっていないと話す。


8、太極拳が好き


馬雲氏は太極拳はバランスをとるための哲学だという。この哲学の知恵は人生や市場競争に活かされている。


9、「アリババ」という名称を付けたのは有名だから


馬雲氏は会社の名前を面白くてグローバルなものにしたいと考えた。アリババのストーリーはほぼ世界中の人々に知られているし、しかも頭文字がAだからアルファベット順なら一番前だ。アリババは1999年に創設され、スタッフは初め15人だった。今では3万人以上になっている。馬雲氏はアリババは直接、あるいは間接的に中国国内の4000万人に仕事を提供したと語る。2014年9月、ニューヨーク証券取引所に上場し、融資の規模は250億ドルとなり、世界で最大のIPOとなった。今後もアリババは海外市場を開拓し続ける(現在、すでにロシアとブラジルの市場に参入している)。その目標は中国以外の消費者数20億人、テナント数1000万にすることだ。


http://www.hjenglish.com/englishwriting/p717611/

 

コラムニストの過去の記事も読む