新規登録
インタビューに掲載ご希望の方
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • SCS Global コラムVol.1

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • “One Team, No Border” 日本と中国を繋ぐConsulting業務を誠実さをもって全力で提供しております

  • SCS Global コラムVol.1

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 中国事業で法務の重要性は高まる一方です。困難な事業環境を乗切る真の価値ある助言を目指します

  • 会計税務顧問、連結決算、財務DD、移転価格税制など日中の会計税務に関するサービスを提供

サービスのリーダー 全てを見る

2015.12.09
  • 郵便事業での繋がりを活かし、日本と中国の商流を産み出す
  • 日本郵便国際物流 董事 総経理
  • 高地 晴子
日本の郵便事業は2007年から民営化されている。最近、親会社の日本郵政が上場したことは日本国内で大きなニュースとなっていた。その民営化された日本郵便の新規事業である日本郵便国際物流は2013年から中国で法人を構えている。郵便事業で培った信頼と機動力を活かして中国での事業を進める日本郵便国際物流について、高地氏にお話をうかがった。
  • 郵便(中国)国際物流有限公司
  • 住所 / 上海市延安東路45号 工商聯大厦707室
  • TEL / (021)6337-3378   FAX / (021)6337-3566
  • URL / www.jp-global.cn

会員登録を行いますとリーダーへお問い合わせできます。


■ 民営化後の新規事業


日本の郵便事業は2007年に民営化、2012年には郵便事業株式会社から日本郵便株式会社へと改称し、今に至る。その日本郵便から中国に飛び出したのがこの「日本郵便国際物流」だ。中国事業をスタートしたのは2013年、中国国内に合併会社を持たない独資での進出だった。
日本郵便が中国に進出したのには2つの理由がある。ひとつは日本郵便が新規事業として立ち上げたロジスティクス事業のためだ。日本郵便には「ゆうパック」という名称の宅配便事業がある。この事業の中で通販事業者と組んで日本郵便側で商品を管理し、ピッキングして発送することも行っているが、そもそもの商材を海外から仕入れている企業も多かった。こうした企業には海外での調達物流を含めたサプライチェーンの潜在的なニーズがあり、それを汲もうと考えたものだ。
もうひとつは地方自治体、企業からの輸出促進の声に応えたものだ。知られるとおり郵便事業は古くから全国にネットワークが拡がっており、地方との結びつきが強い。これまでに日本郵便は地方の自治体や企業から中国への輸出促進という要望を受けており、中国側パートナーとともに少しずつその事業を進めていた。この事業をさらに確実なものにしていくためには現地の受け皿となる企業が必要であることから、そこで中国への進出が俎上に登った。
調達物流と中国での輸出の受け皿、この2点が日本郵便進出の背景である。


■ 中国での3つの事業


こうした経緯の下、中国の日本郵便は物流と貿易、そして現在開発中のサービスの3つとなる。貿易については日本から輸入した商品を中国国内に販売することがメインとし、一方で物流は日中間を中心に、中国発着の東南アジア、ヨーロッパなど別エリアへの国際輸送も取り扱っている。「現在開発中のサービス」とは日本全国どこにでも運べる日本郵便のネットワークを活かしたもので、Eコマースの商材やBtoBの小口荷物を扱っている中国の物流事業者と組み、中国から日本の空港までは中国物流会社、そこから先は日本郵便が配達するというドアtoドアのデリバリーサービスを行うものだ。
これらに加え、今後も更に日本の地方自治体や中小企業を中国で商品を必要としている企業と繋いでいきたいと考えている。その流れで昨年2014年に初めて上海で開催したのが「日本商品商談会」だ。


■ 立ち上げ1年目に開催した商談会の成否


日本郵便国際物流は2013年9月に立ち上げられたが、実質的な活動を開始したのは昨年2014年からとなる。その年に開催したのが「日本商品商談会」だ。この商談会は日本郵便の今後の意気込み、PRを兼ねたものであり、企業の出展費用は破格の安さであった。商談会には日本の各地方から40社余りの企業が食品、飲料、環境商材などの自社自慢の商品を中国に持ち込み、また上海に事務所を持つ自治体も19団体が参加して地元をアピール、中国からは400社ほどのバイヤーが会場を訪れた。この商談会は日本郵便のPRとしては成功したが、実際のビジネスと繋がることはそれほど多くはなく、課題も残った。成約に結びつくのは、中国側が日本側に代理店を持っているか、またはその逆の場合が大半であり、それがなければ短い日程でビジネスに繋げるのは難しい。この状況を打開するためには日本郵便自らが更に間に入って日中の企業を繋いでいくことが必要だと高地氏は考えた。
そこで始めたのが日本郵便ウェブサイトでの商品募集だ。日本の事業規模があまり大きくない企業の場合、言語の問題などもあり、海外との取引を行うのは難しい。そこで日本郵便がウェブサイトなどで集めた日本商材をまとめた上で日本郵便国際物流が代理販売することを考えたのだ。また、中国側バイヤーの意見を聞いて、彼らが求めている商品を日本で発掘したり、これまでの取引先に売り込むも行う。その際には、先の商談会で集まった企業のリストが役に立っている。これらの方法は主に消費材に対して行っており、産業材の場合はその規模も大きいため直接日中企業のビジネスマッチングを行っている。


「会員登録」をして、続きをご覧ください。

合わせて読みたい