新規登録
インタビューに掲載ご希望の方
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • SCS Global コラムVol.1

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • “One Team, No Border” 日本と中国を繋ぐConsulting業務を誠実さをもって全力で提供しております

  • SCS Global コラムVol.1

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 中国事業で法務の重要性は高まる一方です。困難な事業環境を乗切る真の価値ある助言を目指します

  • 会計税務顧問、連結決算、財務DD、移転価格税制など日中の会計税務に関するサービスを提供

サービスのリーダー 全てを見る

2016.06.08
  • 努力よりも選択が大切、常に学べる場所を求め続ける
  • 上海森暁教育信息諮詢有限公司 董事・総経理
  • 宋 暁非
日本語、中国語のオンラインレッスンを提供する森暁を起業した宋暁非氏は、学ぶことに意欲的な人物だ。より厳しい環境に身を置き、自らを磨き続ける宋氏は日本語を学び、MBAを取得し、そして起業により新たな事業の形を生み出そうとしている。これまでの挑戦と現在の事業について、宋氏にお話いただいた。
  • 上海森暁教育信息諮詢有限公司
  • 住所 / 上海市静安区銅仁路299号東海SOHO3901室
  • TEL / (021)6241-5078    
  • URL / www.senxiaoedu.com

会員登録を行いますとリーダーへお問い合わせできます。


■ 学べる場所を選択することが大切


宋氏は1999年から日本へ留学しており、ネイティブレベルの日本語を操る。その宋氏が日本ではじめに居を定めたのは広島だ。1年間日本語を学び、広島大学の大学院に入学した。日本語がほとんど話せなかった宋氏が1年間で語学力を伸ばすことができたのは、アルバイトに寄るところが大きい。「人生で大切なのは努力だけではなく選択」だと宋氏は断ずる。宋氏以外のクラスメートもアルバイトをしていないわけではなかったが、日本語を余り使わないものが多かった。宋氏のアルバイト先は常連客の多い居酒屋、来客との会話も多い。このアルバイトを見つけた時に宋氏は「これはアルバイトではなく、最高の学習場所」であると思ったのだという。あえて勉強ができる場所を選ぶというのは、宋氏のその後の人生においても変わらない原則である。


■ 日本で憧れのエリアに就職


初めての日本での就職は人材派遣会社だった。宋氏は大学の留学生組織の会長として留学生たちの就職に関する相談のために人材会社の社長を訪問したのだが、その場でスカウトされたのだ。オファーされたのは憧れていたソニー本社のある東京品川での勤務であり、宋氏にとって博士課程を中断するに足るものだった。
そこで宋氏が担当したのは中国人技術者の長期派遣の仲介だった。派遣というと日本ではあまりイメージが良くないが、日本に永住するつもりがない中国人にとっては期間を切って日本でスキルを積むことは魅力的なものだ。仕事は順調だった。
この時期、宋氏はキャリアと経営について意欲的に学んでいった。そうして得た結論は「キャリアは数年先の自分を考えて行動するのではなく、自分の人生を常に振り返って考えた方が幸せな人生を作ることができる」というものだ。未来の目標を立て続けるよりも、人生を振り返ってどこに行くのか考えたほうが良い。また人事という仕事への研究から始まって、経営に興味が出てきたのもこの時期である。
宋氏はいつも危機感に突き動かされて学び続けている。「今の自分で大丈夫なのか、周りと比べてどうなのか」を宋氏は毎年確認しているのだという。「仕事とは生活のためにするものではなく、何かを学ぶためのもの」と宋氏は捉えている。それが達成できているのかどうか、いつも危機感をもって考えて続けているのだ。


■ 日本の有名ビジネススクール初の外国人社員に


やがて宋氏はビジネススクールのグロービスに転職する。その転職の理由も「今の会社ではこれ以上学べない」というものだった。日本では「石の上にも三年」という言葉がある。どんなところにでもとりあえず3年は腰を落ち着けてから考えるべきだという人は多い。だが、宋氏は3年を待たず、「学べるか学べないか」を判断基準に去就を決める。 宋氏が次に目指したのは日本でも有数のビジネススクールのグロービスだ。宋氏はイノベーションについての研究を続けて博士課程を取ろうとしていたが、そのための調べ物をしている時にグロービスの名を目にしたことが記憶に残っていた。そこで宋氏はグロービスの門を叩くことにした。グロービスで「イノベーション」=「創造と変革」の話は盛り上がり、ちょうど次の日に行われた就職試験をパスして入社、宋氏はグロービス初の外国人社員となった。


「会員登録」をして、続きをご覧ください。

合わせて読みたい