新規登録
インタビューに掲載ご希望の方
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • SCS Global コラムVol.1

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • “One Team, No Border” 日本と中国を繋ぐConsulting業務を誠実さをもって全力で提供しております

  • SCS Global コラムVol.1

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 中国事業で法務の重要性は高まる一方です。困難な事業環境を乗切る真の価値ある助言を目指します

  • 会計税務顧問、連結決算、財務DD、移転価格税制など日中の会計税務に関するサービスを提供

サービスのリーダー 全てを見る

2014.10.20
  • 飲食店をサポートすることで
    美味しい食卓を伝えたい
  • ぐるなび上海董事総経理
  • 趙 剛
ぐるなび上海は上海の飲食店情報を中国語、日本語、英語で検索ができる食のポータルサイトとして名高い。だが、そうした飲食店の販促支援だけでなく、飲食店にとって必要な食材などの情報を生産者・サプライヤーたちと共に提供するB2B事業も手がけていることはあまり知られていないだろう。ぐるなび上海を立ち上げ、運営を続けてきた趙氏に上海の飲食業の状況、ぐるなび上海の活動についてお話しいただいた。
  • 咕嘟妈咪(上海)信息咨詢有限公司
  • 住所 / 上海市推海東路99号 恒積大厦2002室
  • TEL / (021)6286-2727    FAX / (021)6386-0877 
  • URL / www.gudumami.cn

会員登録を行いますとリーダーへお問い合わせできます。

■高校で学んだ日本語がその後の人生を決める



趙氏の通っていた高校には日本語の課外授業があった。これは中国でも最も早期の高校への日本語学習導入であった。その成績優秀者に対して、日系企業から奨学金が提供された。これは大学の試験を受ける為だけのもので、大学に受からなければ帰国しなければならない。1995年にこの奨学金を受けて日本に赴いた趙氏は、見事に東京工業大学の合格通知を手にし、日本での留学生活をスタートする。
大学から博士課程まで進学した趙氏は、アルバイト先で「ぐるなび」に出会う。ぐるなびが日本の飲食店情報を外国語で発信することとなり、その翻訳や実務を趙氏が担当することになった。その仕事が一段落した打ち上げの席で数か月後に控えたぐるなび上海立ち上げの話を聞き、入社の誘いを受けた。研究所に行くか、大学に残るかという同級生が多い中で、企業への就職を希望していた趙氏はこの話を受ける。2005年、ぐるなびは趙氏の参加を得て、上海に進出する。中国東北部、瀋陽出身の趙氏にとって上海は初めての土地であった。

■短期間で情報を収集、サイトを立ち上げる



趙氏が上海に降り立ったのは8月、その時には既に同年11月7日のオープニングセレモニー会場が予約されていた。それまでにポータルサイトを立ち上げなければならない。
立ち上げにあたって日本から上海に赴いたのは趙氏を含めて2名、現地で採用した10数名のスタッフとともに間近な公開日に向けて走りはじめた。趙氏が担当したのはサイトの内容を製作するコンテンツ部で、苦しいながらも新規事業ということでスタッフ全員が心躍る気持ちを共有していた。セレモニー前日の11月6日、詳細情報800店を掲載してサイトはオープンする。
ぐるなび上海の特徴は詳細で正確な情報だ。店舗情報はメニューや金額まで紹介しており、下見をしなくても大体のイメージを掴むことができる。ある企業の調べでは競合サイトの正確性は50%、ぐるなびは90%以上であったという。現在登録店舗数は約2万5千に及び、詳細版は約2千店舗が掲載されている。

■ぐるなびのB2B事業



ぐるなびといえば飲食店検索サイトがイメージされるが、対消費者向けサービスだけではなく、店舗に向けたサービス提供も行っている。食材生産者、研修業者、制服業者などと飲食店を繋げる事業、さらに上海唯一のオフィシャルな飲食調理協会とパートナー関係を結び、共同で業界向けの会報誌も制作している。また「サミット」と呼ばれるイベントも開催しており、こちらは毎年5月と11月に上海市内の大型展示場を貸し切って開催され、多くの飲食関係者たちが参加している。サミットの目的は飲食店と業者との出会い、そして飲食店同士の交流だ。他にも飲食店関係者を連れての北海道市場視察なども行っている。
ぐるなびはB2Cの部分が目立つが、飲食店、生産者、消費者を繋ぐB2Bの部分も大きい企業なのだ。

 

■中華のコース料理を提案し、人気を得る



ぐるなび上海がスタートして始めに得た成功は「中華のコース料理」の提案だった。進出当時、中華料理にはコースメニューという概念がほとんどなかった。コース料理にはいくつかの利点がある。店舗側には客単価の把握しやすさ、一番食べてもらいたいメニューを味わってもらえること、利用者側には予算が分かりやすいという点だ。この時ぐるなびでは各店舗に母の日に合わせた限定特別コースを用意してもらい、自社サイトで紹介した。これは大きな反響を呼び、その後には通常コンテンツ化されている。
コース料理は後に共同購入クーポンサイトが登場したことで、中国にも広まった。しかし、共同購入サイトのような安売り戦略をさせたくはないと趙氏は語る。価格を落とすことによって、その皺寄せで品質やサービスも落ちるが、それは将来的に飲食店にとって悪い影響を与えることになるからだ。安売りではなく、時節に応じたコース料理で集客をしたほうが店舗のためになる。
このように安売りによる品質劣化をどう防ぐかといったような、飲食店が抱える問題を解決するコンサルティングに近い仕事も、ぐるなびの事業のひとつだ。

「会員登録」をして、続きをご覧ください。

合わせて読みたい