新規登録
セミナー・研修・各種イベント情報募集中
日経新聞
DMMコラム
蘇州たより
上海の街角で
JETRO
上海日本商工クラブ
在上海日本国総領事館
ラクト
上海人
香港リーダーズ
C.L.Mリーダーズ
経営者.マガジン読者の集い
2015稲盛和夫経営哲学上海報告会
中国ニュース
人気ページランキング
  • 今週
  • 今月
  • 殿堂
  • SCS Global コラムVol.1

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • “One Team, No Border” 日本と中国を繋ぐConsulting業務を誠実さをもって全力で提供しております

  • SCS Global コラムVol.1

  • 池田博明コラム マイツプラスワン vol.31

  • これまでの手法にとらわれない、新しい消費者調査をご提案します。

  • ベネフィット・ワン コラム vol.33

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座vol4

  • “One Team, No Border” 会計税務を中心に企業のグローバル化を全力で支援しております。

  • ビジネスシーンで活用する中国語講座 vol.8

  • 微博・微信を中心とする中国ソーシャルソリューションサービスをワンストップで提供しています。

  • 中国事業で法務の重要性は高まる一方です。困難な事業環境を乗切る真の価値ある助言を目指します

  • 会計税務顧問、連結決算、財務DD、移転価格税制など日中の会計税務に関するサービスを提供

【日本開催】第七回 日中経営者ラウンドテーブル

開催日 2016年10月18日(火) 午後1時半から5時半まで(午後1時開場) 主催企業 長江商学院(CKGSB)
セミナー ・ イベント情報

中国有数のビジネススクール、長江商学院(CKGSC)は10月18日、東京で第7回「日中経営者
ラウンドテーブル」を開催、日本経済新聞社グローバル事業局がメディアパートナーとして運
営に協力します。日中の有力企業経営者が両国のビジネス環境や新たな商機などについて自由
に意見を交わす円卓会議ですが、今回は中国で勃興する動画、ゲームアプリの配信ビジネスや
キャラクタービジネスなどコンテンツ面での日中連携をテーマとしたセッションを行う予定で
す。コンテンツ研究会の皆様にもご聴講いただきたく、この場を借りてご案内する次第です。
これに合わせて中国のコンテンツ、エンターテインメント、IT企業の経営者も来日、セッショ
ン1終了後にはネットワーキングのためのコーヒーブレイクも予定しておりますので、ぜひお
越しください。

 

【開催概要】
メーンテーマ: 日中企業 新たな協業のかたち~
「創意(creativity)」から「創新(innovation)」へ

 

日中間のビジネスのかたちが大きく変わろうとしている。中国経済のサービス化、ソフト化の
流れは中国独自のコンテンツ配信企業の勃興を促す一方、日本企業にとってもエンターテイン
メント分野での商機拡大につながっており、両者の協業の可能性が広がっている。モノづくり
の分野でも技術革新と中国の新たな市場ニーズを組み合わせた従来にないビジネスモデルが生
まれてきた。日中企業のクリエイティビティー(創意)を結集し、どうイノベーション(創
新)につなげるのか。そのための条件と可能性を探る。

 

日時: 2016年10月18日(火) 午後1時半から5時半まで(午後1時開場)
場所: 日経カンファレンスルーム(千代田区大手町1-3-7 日経ビル6階)
主催: 長江商学院(CKGSB)
メディアパートナー:日本経済新聞社 グローバル事業局
参加者: 招待制(無料)。約230名を予定
     うち、30名は、中国のコンテンツ、エンターテインメント、IT企業のCEO や経営幹部

 

【プログラム】*日中同時通訳付

 

13:00-13:30 開場
13:30 開会
13:30-13:35 開会挨拶 周立(しゅう・りつ) 長江商学院次席学院長
13:35-13:55 基調講演 項兵(こう・へい) 長江商学院学院長
13:55-15:25 セッション1 「脱ハード時代の中国ビジネス~コンテンツ、エンターテインメント」

 

【日本側講師】(順不同、敬称略)
髙橋 雄一 株式会社テレビ東京ホールディングス 代表取締役社長
任 宜   株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員
     Greater China リージョン事業本部長
吉崎 圭一 株式会社電通 CDC Executive Creative Director

 

【中国側講師】(順不同、敬称略)
楊 暁軒 愛奇芸 副総裁
胡 明 華誼兄弟/孚恵資本 副総裁/管理合伙人
ほか、数名を予定

 

15:25-15:55 ネットワーキングブレイク

 

15:55-17:25 セッション2「ハードのイノベーションが生む日中連携のチャンス~
IoT、AI・ロボット技術、先端医療機器」

 

【日本側講師】(順不同、敬称略)
山名 昌衛 コニカミノルタ株式会社 代表執行役社長
遠藤 信博 日本電気株式会社 代表取締役会長
小川 昌寛 株式会社 安川電機 執行役員 ロボット事業部長

 

【中国側講師】
呉 叡 嘀嘀出行 副総裁
ほか、医療サービス企業、ドローン開発企業などから招聘中

 

17:25-17:30 閉幕総括 周立 長江商学院次席学院長

 

【モデレーター】
日本側:関口 和一日本経済新聞社編集委員
中国側:李洋(り・よう) 長江商学院 マーケティング学助教授

 

【日中経営者ラウンドテーブルとは】
長江商学院が日本と中国で相互に開催する円卓会議です。日中の経営者および学識経験者が、
その時々のテーマについて討論します。今年で7回目。2014年に続き、日本経済新聞社が運営
に協力します。会議は、日中双方で各6名の講師が討論に参加します。ラウンドテーブルとい
う名前のとおり、決まったスピーチはなく、テーマに関する自由なディスカッションを重ねて
いき、最後にセッションのモデレーターが総括を行うかたちで進行します。

 

【主催者紹介:長江商学院】
中国で最も著名な民間ビジネススクール。2002年、香港財閥・長江実業グループの創業者、
李嘉誠氏の意により北京に創立されたエグゼクティブ向けのビジネススクール。ハーバードな
ど欧米名門校から招聘したトップレベルの教授陣による実践的なプログラムに定評がありま
す。EMBAコースからはアリババのジャック・マー会長をはじめ、中国の著名な企業の経営者
や政府機関の幹部を多数輩出しており、その人脈は中国のビジネス界への影響力が非常に大き
いとされています。 http://jp.ckgsb.edu.cn/

 

*参加者については、抽選の上ご連絡させていただきます。申込まれても参加決定ではありません*

開催日 2016年10月18日(火) 午後1時半から5時半まで(午後1時開場)
申込期間 2016/08/30 〜2016/10/16
定員 約230名を予定
参加費 無料
会場 日経カンファレンスルーム
住所 千代田区大手町1-3-7 日経ビル6階
対象者 *参加者については、抽選の上ご連絡させていただきます。申込まれても参加決定ではありません、ご容赦ください*

「会員登録」をして、セミナーへお申し込みください。